読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このブログを始めるまで

ブログを開設して3本目の記事となりました。
今更ながら自己紹介を兼ねて,私が何故,弁護士業務としてはかなりマイナーなマンション管理という分野に取り組み,このブログを始めるに至ったのかを綴ってみます。
・・・今回,マンション管理に有益な情報は本当に一切ありませんのでご注意を。

平成14年秋に旧司法試験に合格し司法研修所の寮(いずみ寮B棟)に移るまでの約25年間,ずっと実家暮らしが続いていた私は,その後計9回もの引越しを経て,今から6年前に現在住んでいるマンションを購入しました。

マンション購入を検討し始めたのは,私がまだいわゆる渉外事務所に勤めていた頃です。
弁護士登録後最初に所属したその事務所は,六本木一丁目を最寄駅とする大型オフィスビルにありました(弁護士登録→その10日後からの北京語学留学→上海事務所勤務→東京にて商社への出向,という外回りを経て登録2年後からようやくこのオフィスで働くようになったのですが,これらのお話はまた別の機会に)。

渉外事務所といえば「家には寝るためだけに帰る」という激務のイメージがあるかも知れません・・・まぁ概ねそんな感じでしたから,少しでも時間を節約すべく隣駅の麻布十番の賃貸マンションで東京での弁護士生活をスタートさせました。
大人になった(?)今考えると,同じく南北線一本で通える飯田橋本駒込に住んでみれば良かったと思うのですが,きっと調子にのっていたのでしょう。おしゃ子(※)に嫌われそうなイキッた物件でした(正に建物は第1話,家具は第2話のまんま)。

ある日の夜,その麻布十番駅で私の人生に転機が訪れます。
久しぶりに早く帰宅できるという気の緩みからか,下車した途端に強烈な腹痛が。私は徒歩3分の道のりに耐えられるか否かを瞬時に判断し,駅のトイレに駆け込み,一仕事を終えたのです。
身も心も軽くなった私がそのとき出会ったのが・・・トイレの入口脇に整然と並んだ

「SUUMO」でした。

ええ,あのSUUMOです。
当時はまだ「住宅情報マンションズ」だったような気もしますが,細かいことはさておき,SUUMOを手に取り心を揺さぶられ,マンションを買いたいと思ったのです。リクルートさんの思惑どおりの,ちょっと恥ずかしいくらい普通のきっかけです。

ただ,これはあくまで「マンション購入」のきっかけに過ぎません。
その後マンション管理士資格をとり,この分野の仕事に取り組み,あちこちで偉そうにつまらないコメントをし,このブログを書くようになるまでには,更にいくつかの出会いがありました。

・・・前2回の記事が長過ぎたという反省から,今回はこの辺で。

※おしゃ家ソムリエおしゃ子!

realestate.yahoo.co.jp