八丁堀の二人

また時間が空いてしまいましたが、私のマンション探しの続きを。

「とにかく街を歩いてみる」という(当時の私にとっては)画期的な方法を編み出すことができたので、麻布十番を拠点に時間を見つけてはあちこちを歩くことしてみた・・・のが前回までのあらすじです。

これでそう遠くない将来、私にぴったりの住まいに巡り合えると思っていたのですが、私も一人の成人男性ですから、プライベートを全てマンション探しに費やしていたわけではありません。

そう、結婚しました。
当時住んでいた十番の部屋の広さは正にこんな感じでしたから(コルビジェじゃなくて無印でしたが)、さすがにここに二人はちょっと厳しい・・・かといってせっかくマンション探しを進めていたのに、このタイミングで賃貸に腰を落ち着かせてしまうと検討が億劫になってしまいそう・・・今より少しだけ広めで好きなタイミングで出ていける都合の良い部屋はないだろうか・・・ありました。

こうして、あるご縁で住むことができたのが、八丁堀の分譲マンションでした。1DKで42㎡くらいだったでしょうか。

「八丁堀に住む」って、どんなイメージでしょう?
私が住んだのは新川でしたから、住所で言えば八丁堀、湊、入船あたりが環境としては近いかと。
正直当時の私は「オフィスばっかりで住むようなとこじゃないんじゃね?」と思っていました。無知とは恐ろしいものです。

一言で言うと、八丁堀はいいぞ。スゴクいい。
都心が近い。本当に近い。東京駅はもちろん、少し頑張れば、銀座や丸の内からも歩いて帰れます。
利用可能駅も豊富。JR・日比谷線の八丁堀を最寄りに、茅場町新富町も使えます。
居酒屋からオサレなところまで、飲食店も充実。
散歩も楽しい。日本橋人形町・築地も徒歩圏内だし、タワマン群を眺めながらの隅田川ウォーキングも気持ちいい。
(ウチには当時子供がいませんでしたが)同エリアでほぼ永住を決めた大先輩弁護士によると、実は子育て環境も良い。ディズニーランドの舞浜へも電車で15分。

豊洲・佃のリバーシティ・月島・勝どきよりも都心に近いのに、大規模開発エリアではないせいか知名度では負けているのがもったいない。

・・・そんな八丁堀で快適な新婚生活を過ごした私達夫婦は、ここを終の棲家とすることに・・・なりせんでした。

うーん、前回も書いたように、やはり街には好みというものがあり、便利で快適であってもしっくりこないものはこないのです。夫婦二人とも同じことを思いました。多少都心から離れても、賑やかな商店街とか公園とか神社とか畑とかが近くにある住宅街っぽい住宅街がいいなと。高いところは苦手だなと。ゴンドアの谷の歌にあるように、人は土から離れては生きられないのだなと。

そんなわけでマンション探しは続くのですが、これまでと違い二人旅となりますから見えてくる景色も変わってきます。そのあたりのお話は、また今度。

www.tv-asahi.co.jp